TRAIN SMARTER

オンラインコーチング「CoachX(コーチエックス)」を展開するPestalozzi Technology株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:井上友綱、以下当社)は、当社の外部アドバイザーとして鈴木寛氏を、社外取締役CFOとして米田惠美氏を招聘しましたことをお知らせいたします。

当社は「体育と部活動にイノベーションを起こし、人間の可能性を拡げる」をミッションに、体育分野ではAlpha(アルファ)、部活動分野ではCoachX(コーチエックス)を展開しております。

今後弊社が教育界やスポーツ界で事業拡大していくにあたり、鈴木氏と米田氏の両者にはアドバイスをいただき知見を最大限に発揮していただきながら、経営体制の強化に携わっていただきます。

■鈴木寛氏のコメント
「スポーツには、「不可能が可能になる」プロセスを体験させる力があります。私自身も、高校時代に所属していた弱小サッカー部を、後のJリーガーを排出することになる強豪校を相手に神戸市一部リーグで優勝に導き、それが後の人生に大きな影響を与えることとなりました。これからの社会で、そうしたスポーツの素晴らしさをより多くの人に体験してもらうためにはテクノロジーによるスポーツ支援の拡充が不可欠であり、ペスタロッチテクノロジーは、まさしくこの課題に正面から向き合っている会社です。私も微力ながらそのサポートができればと思い、この度、外部アドバイザーをお引き受けさせていただくことといたしました。」

■鈴木寛氏の経歴
東大・慶大教授
東京大学法学部卒。通商産業省、慶應義塾大学助教授を経て参議院議員12年。文部科学副大臣(二期)、文部科学大臣補佐官(四期)などを歴任。現在は、東京大学・慶應義塾大学教授、大阪大学招聘教授(医学部)、社会創発塾塾長、日本サッカー協会理事などを務める。

■米田惠美氏のコメント
「Jリーグの経営改革に従事したご縁から、スポーツの生み出す価値や可能性に私自身が改めて気付かされました。一方で、スポーツ界という大きな生態系を整理していくと、取り組むべき課題は、非常に多岐にわたるとも感じていました。その1つが部活動を取り巻く環境の話でもあり、子供たちの体力低下の話です。学校現場では教員の長時間労働の話は勿論、競技によっては部活動の指導に不安を抱えることもあるなど、悩みがつきません。生徒たちが適切な指導を受ける機会を得られないケースもあります。課題に対するどのチャレンジも尊いものですし、何よりも先生たち・子供たち双方に対して、テクノロジーを用いてサポートしていきたいという井上さんの真っ直ぐな熱意に、私の知見でお役に立てることがあればと社外役員のオファーをお引き受けしました。会社とサービスの進化を楽しみながら、伴走してまいります!」

■米田惠美氏の経歴
1984年 1月  東京都生まれ
2004年10月 公認会計士第二次試験合格
新日本監査法人 (現 E Y新日本有限責任監査法人)入所
2006年3月  慶應義塾大学経済学部卒業
2013年7月  米田公認会計士事務所設立
2014年10月〜人材開発・組織開発コンサル会社 副社長
2018年3月〜2020年3月 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ常勤理事
会計面・人材面で組織の経営をサポートしつつ、自治体や公益法人の監査や在宅診療所の設立など、地域の現場で社会課題と向き合う仕事にも従事。その他、公認会計士協会東京会青年部部長 歴任。保育士資格も持つ。

本件に関する問い合わせ先:広報室 info@pestalozzi-tech.com